FC2ブログ

記事一覧

港北区の歴史

祝横浜市港北区制80周年2019年は港北区制80周年です。1939年(昭和14年)4月に都筑郡下の各町村が横浜市に合併した際神奈川区から分区する形で成立した。誕生した港北区は、現在の港北区、緑区、青葉区、都筑区を合わせた区域で、人口は5万人余りでした。都筑郡下の各町村は都筑郡一体での行政区成立を望んだが、地理的条件などを勘案し、神奈川区の旧大綱村(白幡除く)日吉村・城郷村(小机・鳥山・岸根のみ)・旭村師岡の地域...

続きを読む

記念局運用マニュアルを作りました

2019年3月25日記念局運用マニュアル運用予約1. 運用委員はgoogleカレンダーで運用予定を閲覧し空欄を確認して運用予定を決める。2. 運用希望者の予定を決めましたら、運用局コール、運用者氏名、運用周波数、運用モード及びQTH、 運用日、運用時間等必要事項をMLにて運用予定をメールする。3. メールを確認したgoogleカレンダー書き込み担当(高野、斉藤、井上)はMLからみなさんの予定を確認し    googleカレンダ...

続きを読む

記念局運営委員会第一回ミィーティング

昨日綱島地区センターにて「港北区制80周年記念局」の運用委員会のミィティングを開催しました。現時点では総通からの正式免許は降りていませんが、6月1日を目処に開局申請中であります。今回はグランドミィーティングを兼ねて、実際の運用手順等細部にわたる打ち合わせができました。記念局運用までは、まだまだ時間がありますので運用委員会の組織固め、日程表の管理記入方法等の意見を交わしました。次回4月の意見交換会は4月...

続きを読む

アマチュア無線の記念局について

アマチュア無線の記念局について1 無線通信の歴史  イタリアのマルコニーが発明した無線電信は1901年に大西洋を股にかける技術進化をします。急速に実用化競争になり、軍事において無線通信は重要な道具として注目され発展します。先進国でラジオ放送が始まった頃、日本においては1923年に関東大震災が起こり、正確な情報を伝えるラジオ放送の必要性が認識され、時の逓信省は東京、名古屋、大阪にラジオ放送を許可しました。(19...

続きを読む

横浜市港北区制80周年記念局 8J1**記念局

2019年2月15日 事業計画:「港北区制80周年記念」行事への        アマチュア無線局開設について 横浜市港北区が区制80周年を迎えるに際し、沢山の記念行事が計画されています、この機会に港北区在住のアマチュア無線局の有志が立ち上がり、これらの記念行事の一環としてアマチュア無線活動の参画ができればと提案いたします。 港北区は来る2020年オリンピック、パラリンピックやラグビー等世界の舞台に...

続きを読む